高血圧症のための第一選択薬

高血圧症とは、原因がわからない本態性高血圧と二次性高血圧があります。
本態性高血圧症は、遺伝的な体質・肥満や塩分が多い食事をとっているなどの背景であることが多いものの、原因がはっきりわかっていません。
二次性高血圧症とは、高血圧症の約10%以下でおもに若い人で血圧が高い人で、原因になっている病気をきちんと治療することで治る場合が多い病気です。
その中でも腎血管性高血圧症は、二次性高血圧症の1つです。腎臓の動脈が狭くなることが原因で、腎臓の動脈が狭くなると血液が十分に送られないため、狭くなった側の腎臓から血圧を上昇させるホルモンが作られるのです。それで血圧が上がるというメカニズムになります。悪化すると腎不全、心不全、脳卒中など重症化・視に至る場合もあります。
高血圧症の第一選択薬は、Ca拮抗薬・ABR・AEC阻害薬・利尿薬の4つとなります。
Ca拮抗薬は、血管の筋肉へのCa流出をおさえ、血管拡張作用で血圧を低下させる、副作用が少なく、狭心症など合併している患者にも使用できます。
ABRは、血管を収縮させ、血圧を上昇させるアンギオテンシン2の作用を抑えるため、血圧を下げ、安定効果が見られる薬です。
AEC阻害薬は、アンギオテンシン2の産生を抑えて、血圧を下げる薬で、副作用にのどのイガイガ感があります。
利尿薬は、尿へのNa排出を促し、血管拡張して血圧を下げますが、副作用が多いため少量で併用が基本です。