血圧制御と国立循環器病センターや卵かけご飯での減塩

高血圧課題は日本や世界における大きな課題になっており、日本でも国家的な規模で高血圧の予防と治療における取り組みがなされてきています。心臓を同時に患う人も多いことから高血圧治療においてはメインテートのように心臓の負担を和らげる薬剤もよく用いられます。メインテートは古くから用いられている薬であることから医療機関での信頼度も高く、新しい薬が多数生まれてきている今日でも重宝されています。メインテート等の降圧剤を用いた薬物治療と並行して重要視されるのが生活習慣の改善であり、特に必要とされるのが減塩食です。
国立循環器病センターでは高血圧対策のためにオリジナルブランドとして減塩食や減塩レシピを推奨する認定を始めました。国立循環器病センターからの認定を受けて箔を付けることにより売れ行きの増大を目指すという動きも増えてきています。これは世の中の健康志向の高まりの影響も受けており、信頼できる国立循環器病センターの基準に適っているとなると多くの人が飛びつく世の中になっているのです。こういった箔を付けるというのはとても有効な方法であり、減塩の卵かけごはんのつゆも表彰がなされました。卵かけごはんを毎日食べるという人も多いのが日本人の食生活の特徴です。卵は身体に良いとはいえ、卵かけごはんで摂取する塩分量が多いことは否めません。醤油やだしをかけるのが一般的だからであり、それを減塩にしてもおいしいものを開発するというのは多くの日本人の塩分摂取量を減らすのに大きな寄与をもたらすのです。
メインテートを用いて血圧の制御をすることも大切ですが、こういった食事に対する取り組みも根本的な高血圧の回復のために不可欠です。今後はこういった方向性に積極的に進められていくでしょう。