メインテートはベータブロッカーという種類の薬

メインテートは一般名をビソプロロールというベータブロッカーとで、高血圧や狭心症、不整脈の治療薬として用いられています。

血液が血管に送り出されるときに心臓の拍動が関係しています。
心拍数が多くなればなるほど、血液が血管に押し出されるために血圧が上昇します。
心臓には交感神経のアドレナリン受容体の一つであるβ受容体があり、刺激されることによって心拍数が多くなるのでβ受容体を阻害すれば心拍数を抑えることができます。
β受容体を阻害するのでベータブロッカーと言われています。
心拍数を抑えることで心臓の働きすぎるのを抑えて、心筋細胞での栄養や酸素の消費を抑えることで狭心症の発作を予防します。
不整脈の症状である頻脈の場合、弱い拍動を繰り返して、血液が十分に送られないのですが、β遮断薬によって心臓の拍動を抑えることで、力強い拍動を取り戻します。

β受容体にはβ1とβ2があります。
心臓はβ1で気管支がβ2になります。
ベータブロッカーを投与するとβ2まで阻害してしまい副作用が起こりますが、メインテートはβ1受容体に選択して作用する心臓選択薬なので、心臓以外の部位への影響がすくないために、呼吸器疾患などの患者にも適しています。

メインテートの作用時間は長く、1日1回の投与で24時間効果が持続します。